整理収納コンサルタントの青山美香です。
少しずつ、季節が変わってまいりましたね。この時期は、洋服選びに一苦労です。

さて、今回のテーマは、「子供たちが、みんな整理収納が得意になったら?」

Aoyama_9

15歳になる息子が、整理収納が得意になったら、親として、これほどうれしいことはないです。「得意」なのですから、もう親としてやってあげられることなんてないでしょう。私は趣味を楽しみ、好きな時間を過ごす。いつもいつも「どこにしまうの?」とか「どうすればいいの?」といった疑問詞だらけの毎日にさよならできるのですから。自分のモノを自分で管理でき、さらに自分の時間までも管理できるようになるでしょうね。

でも、ふと思いました。
「誰が教えたの?」
みなさんは、生まれつき英語が得意な子供に出会ったことがありますか?
得意になった子供たちは、誰かに教わったから得意になったのですよね?
だから、子供たちみんなが、整理収納が得意になるということは、教えてくれる人みんなが得意になる、ということです。

皆さんが子供の時は、いかがでしたか?
私は、整理整頓が家訓のような家で育ち、それが窮屈で、逆に苦手になりました。なぜそうしたほうがいいのか、どうして家を整えることが必要なのか、全く理解できませんでした。わかるように教えてもらいたかったな、今はそう思います。

私たちアドバイザーは、理論として整理収納を学んでいます。1級を取得していれば、その理論を「伝える」ことができます。では、整理収納アドバイザーなら、整理収納を得意にさせることができるのか?
残念ながら、それはNOです。
子供たちは、十人十色、感じ方もとらえ方もさまざま。基本的な理論を伝えるだけでは、「得意」にはならないでしょう。子供たちのために、基本を咀嚼して伝えてくれる人が必要です。

私は「親」になったとき、いつか息子が、身の回りのことが当たり前にできるように育ってほしい、そう思いました。そして、共働きが普通になった今、将来の伴侶をしっかりとサポートできるような、多くのことを「気づける」大人になってほしいと思いました。息子は、まだまだその途中です。性格やクセ、モノのとらえ方、親だからわかる第6感を使って、理論を咀嚼して伝えています。

母から子へ、父から子へ、私たち整理収納アドバイザーと共に、伝えていきませんか?
暮らしの形が、家族の数だけ存在するように、伝え方もまた、家族の数だけ存在するでしょう。家族で向き合っていれば、みんなとはいかないまでも、「得意」になる子供も増えてくるかもしれません。

そこから、整理収納理論の新しい考え方が生まれるかもしれませんね。