皆さんこんばんは。

世の中の子供たちが整理収納が得意になったら、もっともっと子どもたちが活躍できる場が増えると思います。

勉強をする意味を見出し、いじめのない世の中になり、学校でものびのびとみんなが生きられると思います。

整理収納が出来る子どもを増やすということは、世界の平和につながります。

なにをおおげさな・・・・と思われるかもしれませんが、事実です。

身近な周りのこども達をみていると、習い事が多く、やらなければいけないことが多く

何をしたいのか見えなくなっている子達もいます。

1人で放置はよくないけど、他にやらなければいけないことが多過ぎて

親が多くのことを決めてあげすぎているように思います。

高校進学でどこの高校をうけるのか?習い事は親が習ってもらいたいものをやらせる?

毎日着る洋服、毎日食べるもの、身につけるもの・・・

昔、知り合いに厳し過ぎるお母さんがいました。

駄目なことが多かったのです。携帯を持つのも駄目でしたが、娘さんが中学2年のときに

持たせてあげることに決めたのです。でも20時になったら、没収、娘さんのメールチェックまでしてました。

ある時からその娘さんは学校に行けなくなってしまったのです。

家で寝る時間以外はPCの前に座っていたそうです。

厳しいお母さんが、何をいっても駄目でした。

その1年後、今度は2つ年下の妹さんも学校にいかなくなり、夜中に発狂するようになり

家から全てのはさみ、包丁を隠したそうです。

子どもにもプライドはあります。それぞれの性格があります。

なにもかも親が決めて、制御することは、違うような気がします。

そのとき、私は整理収納アドバイザーではありませんでした。

だから、辛い彼女の話をただただ聞いてあげることしかできませんでした。

でも今なら、2階建ての家の中がモノだらけだった彼女のお家を娘さんたちと

整理したと思います。そうすることで、彼女たちの心の中にふれることができたと思うのです。

昨年、ハウスキーピング協会のアカデミア(整理収納研究部門)で学んだこと

心理学の井上先生の「整理収納は対象療法でなく原因療法で人を心の中から救っている」

といわれたのが今でも心に刻まれています。

病院で痛みを和らげるためのお薬処方は対象療法で、悩みを聞いて原因から取り除くことを原因療法だそうです。

私は人に寄り添ったお片づけをし続けていきたいと思います。

お家の整理収納をしながら、人は救えます。

こども達と一緒にお片づけをやってください。

子どもたちのことが見えてくると思います。

モノの整理は「頭の整理、時間の整理、心の整理」です。

まず身近なお子さまとお片づけをして、

明るい未来をづくりをしていきましょう。

 

 

 

IMG_3195[1]